ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  仮面ライダー   »  ウィザード  »  絶望と戦え! 魔法操る新仮面ライダー「ウィザード」会見詳報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望と戦え! 魔法操る新仮面ライダー「ウィザード」会見詳報

125-index.jpg


サイト更新は停止しました。m(_ _)m

9月2日からテレビ朝日系で放送される仮面ライダーの新シリーズが、「仮面ライダーウィザード」に決まった。今度のライダーはシリーズ初の「魔法使い」設定。東京・六本木で6月27日に開かれた制作発表会見の詳報をお届けする。

 ■日食が生んだ魔神!?

 会見の冒頭であいさつしたテレビ朝日の本井健吾プロデューサーは「初代仮面ライダーは、悪の組織『ショッカー』の改造人間として誕生した。正義と悪が同じところから生まれる仮面ライダーの哲学を、今回の作品でも踏襲し色濃く反映させた」と説明。昨年40周年を迎え、平成に入ってから数えると14作目となる新ライダーにも、初代からの伝統が受け継がれる。

 主人公の名は操真晴人(そうま・はると、白石隼也)。本井プロデューサーらによると、日食の日に魔法と化学を融合させ、人間から怪獣を生み出す恐ろしい実験が行われた。晴人は怪獣にならずに生き残った青年で、「謎の白い魔法使い」から指輪とベルトを渡される。指輪には魔法の力を宿した宝石が埋め込まれており、これをベルトに付いた手形にかざすと「仮面ライダーウィザード」に変身。魔法を駆使し、人々を絶望させる魔物「ファントム」に立ち向かう。

 ■敵は「絶望の無限連鎖」

 この指輪にはいくつかの種類があり、火(フレイムスタイル、赤色)▽水(ウオータースタイル、青色)▽風(ハリケーンスタイル、緑色)▽土(ランドスタイル、黄色)-の4つのスタイルに自在に変身できる。「火のスタイルでは炎を巻き起こし、水のスタイルでは水を吹き上げ、風のスタイルでは風に乗って空を舞い、土のスタイルでは地面を壁に変えて敵の攻撃を防御する」(東映の宇都宮孝明プロデューサー)。

 宇都宮プロデューサーの解説によると、仮面ライダーウィザードに立ちはだかるのは「絶望の無限連鎖」。ファントムによって絶望させられた人々は、心の中で新たなファントムを生み出す。絶望した人間を救う最後の手段は、約束の指輪「エンゲージリング」をはめてあげること。そうすることで、ウィザードは絶望した人の心の中にダイブし、新たに生まれたファントムと戦って連鎖を断ち切ろうとする。

 ■今年もイケメン揃い

 さて、水嶋ヒロ(28)や佐藤健(23)らイケメン俳優の登竜門としても知られる仮面ライダーシリーズ。新ヒーローを演じる白石も、ご多分にもれずイケメンだ。会見では赤いパンツを難なく着こなし、「(仮面ライダーは)長い歴史と伝統がある作品。小さいお子さんから、おじいちゃん、おばあちゃんまで、どの世代にも通じる作品に出演できるなんてなかなかないこと。光栄に思います」とあいさつ。フォトセッションで見せたポーズもさまになっていた。

 白石の隣に立ったのは、魔法使いを志して晴人に弟子入りを志願する青年、奈良瞬平役の戸塚純貴(19)だ。今作への出演決定に驚くあまり、「ドッキリなんじゃないかと思っている」と弱気な発言。「もしドッキリだとしたら(ネタばらしのタイミングは)今だと思う。今日が終わるまでは気が抜けない」と会場の笑いを誘っていた。

 白石と戸塚はともに、俳優の袴田吉彦(38)や柏原崇(35)らを輩出した「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」出身。サッカーを得意とする白石は第20回でリフティングを披露し、準グランプリに選ばれた。戸塚は第23回で「理想の恋人賞」を獲得。制作発表会見ではあどけなさも感じさせたが、同コンテストでのパフォーマンスは「特攻隊員が残した最後の手紙の朗読」と意外な(?)一面も。

 ■変身したい!小倉久寛

 今作のヒロイン、コヨミを演じるのは、9人組のガールズロックユニット「ぱすぽ☆」のメンバー、奥仲麻琴(18)。コヨミは日食の日に行われた儀式のもう一人の生き残り。「占い的な力」を持ち、晴人をサポートする。

 出演が決まった感想をきかれた奥仲は「私、変身するんじゃないかと思って心配した。結局しなかったですけど」。緊張していたのか天然ボケなのかは分からないが、不思議なコメントでインパクトを残した。

 晴人を影でサポートする警視庁の新米刑事、大門凛子役は高山侑子(19)が担当。「小さい頃から仮面ライダーを見ていたので、出させてもらうのはすごく光栄。撮影が近づくにつれプレッシャーも感じたけれど、1年間頑張りたい」と抱負を語った。

 1990年代生まれの彼ら・彼女らにまじりひときわ目立って(浮いて?)いたのが、骨董(こっとう)店「面影堂」の店主で、魔法の石を指輪にする技術を持つ職人、輪島繁役の小倉久寛(57)。「残念ながらというか当然というか、僕は変身しないんです。最後に1回でいいから変身できればいいな」とこぼした。

 ■厚化粧で戦え!

 主題歌はビジュアル系エアバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル、鬼龍院翔(28)が歌うことも明らかにされた。曲名は未定。リリースは今秋の予定だ。鬼龍院のソロデビュー曲となる。

 ゲストとして会見会場に現れた鬼龍院は「ゴールデンボンバーはメンバーの心がバラバラになっているので、(メンバーは)会見終にツイッターで知ると思う」と内部事情を暴露。尊敬するGackt(38)が「仮面ライダーディケイド」(平成21年)の主題歌を担当しており、「憧れのGacktさんに近づけたかなと思うとうれしい」と顔をほころばせた。

 しかし、仮面ライダーウィザードが魔法使いであることから「自身にとっての魔法」を尋ねられると、「厚化粧。だいぶ変わるんです。(女性は)わかりますよね?アイライナーの重要さとか」と自虐的に。隣にいた白石に目をやり、「すっぴんでここまでイケメンとは本当に素晴らしい」と絶賛していた。

 ちなみに、ヒーローが魔法使いという設定では、同じ東映が平成17~18年に手掛けたスーパー戦隊シリーズ「魔法戦隊マジレンジャー」が兄貴分。ウィザードはマジレンジャーを超えるか、注目だ。


ソース


フォーゼとは違ってまだかっこいいですね。
関連記事
ブログパーツ
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメント
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
検索フォーム
商品検索
サイト内検索
プロフィール


管理人:tomoki
ページランク
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム分解・改造へ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽ダウンロードへ
Skype : tomoki122263
Twitter 本垢 :
Twitterブログ : iroiroblog
本垢と同じにしました。
My Twitter
Follow me
PSP改造
電動ガン・次世代ガン
動画
顔文字ボタン


トータルアクセスカウンター
ランキング
最新記事
PlayStation Vitaシステムソフトウェア
げん玉

■げん玉
下準備
げん玉とは?
ポイントの森
お友達紹介
ポイント交換方法
相互リンク
リンク