ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  その他   »  Javaスプリクト  »  MyYahooの広告を非表示にする方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MyYahooの広告を非表示にする方法

広告を非表示にするとスペースが有効活用できますよ。


サイト更新は停止しました。m(_ _)m

選択肢を二つ用意しました。
・説明を読んでがんばる
・インストールするだけ

説明を読みがんばる


用意するもの
Greasemonkey
Firefox


どちらも用意したらまずテキストエディターに、



// ==UserScript==


// @name MyYahoo


// @namespace MyYahoo


// @include http://*my.yahoo.co.jp*


// ==/UserScript==


var myYads = document.getElementById("myyads");


myYads.setAttribute("style","display:none");



を貼り付けて、保存します。


上記のプログラムは、



// @include http://*my.yahoo.co.jp*



で「http://my.yahoo.co.jp」や「http://cm.my.yahoo.co.jp」で動かしますと宣言。



var myYads = document.getElementById("myyads");



で、広告を表示している部分の要素を取得。



myYads.setAttribute("style","display:none");



の部分で広告を表示している要素に非表示にするというスタイルを設定している。



保存するときに、名前は何でも良いのですが、必ず「.user.js」で終わるファイル名にして、

ファイルの種類を「JavaScript」もしくは、「すべてのファイル」を選択します。

例:「myyahooAds.user.js」

FireFoxを立ち上げている状態で、右下のアイコンに猿のアイコンが出ているのを確認。

猿のアイコンが灰色になっている場合は、クリックして有効にしておく。

先ほど、保存したファイルで右クリックをして、

「プログラムから開く」→「プログラムの選択」→「FireFox」

を選択する。

そうすると、Greasemokeyのインストールというのが表示されるのでインストールボタンを押す。

インストールが完了したらMy Yahoo!を表示すると広告は非表示になっている。

Greasemokeyは、

JavaScriptを使うので、知識があれば色々なことが出来るのがメリット。

Greasemokey用の関数で、Ajaxも出来るのでやりたいことが色々出来てしまう。

逆に、JavaScriptの知識を必要とするので、知識がないと作れないという点がデメリット。

また、自分で作成したものなら問題はないと思うが、誰かが作ったものをインストールするときは注意が必要。

信頼できるもの以外は、問題になるコードが入っていないかチェックをする必要はあると思う。


【ソース:メモブログ


インストールするだけ
用意するもの
Greasemonkey
Firefox
用意できたら、下の顔文字をクリック。
(`・ω・´)
お疲れ様でした。
関連記事
ブログパーツ
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメント
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
検索フォーム
商品検索
サイト内検索
プロフィール


管理人:tomoki
ページランク
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム分解・改造へ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽ダウンロードへ
Skype : tomoki122263
Twitter 本垢 :
Twitterブログ : iroiroblog
本垢と同じにしました。
My Twitter
Follow me
PSP改造
電動ガン・次世代ガン
動画
顔文字ボタン


トータルアクセスカウンター
ランキング
最新記事
PlayStation Vitaシステムソフトウェア
げん玉

■げん玉
下準備
げん玉とは?
ポイントの森
お友達紹介
ポイント交換方法
相互リンク
リンク