ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ニュース  »  【ニュース】甘いものがやめられない理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニュース】甘いものがやめられない理由

normalnews.jpg


サイト更新は停止しました。m(_ _)m

甘いもの大好き! やめられない止まらないその理由とは?

http://www.gizmodo.jp/2013/01/post_11470.html

メープルシロップも、ソーダも、ドーナツもだーい好きです。
あとパンケーキとフルーツと菓子パンと羊羹も好きです。あ、あとお大福も。



甘いもの美味しい。とにかく砂糖美味。なぜ人は甘いものが好きなのでしょうか。そして、なぜ別腹でどんどん食べられてしまうのでしょう。イェール大学医学部の最近の研究で、糖の一種であるフルクトース(果糖)がその原因だと証明されました。糖にもいろいろ種類があるのです。



研究では、20人の健康な成人にフルクトース又はグルコースで甘みをつけられたチェリージュースを飲んでもらいました。その後、fMRI(機能核磁気共鳴断層装置)を用いて、被験者の脳内の変化と食欲を刺激する視床下部の動きを観察しました。



すると、グルコースは視床下部の動きを抑制するのに対し、フルクトースは少量にも関わらず視床下部の動きを妨げているのがわかりました。この2つの異なる糖は、分子レベルでは似ているかもしれませんが、精製するインスリンの量に大きな違いがあり、インスリンは食欲コントロールに密接な関係があります。インスリンは血糖を抑制し、もうお腹いっぱいですよ、と信号をだす役目があります。しかし、フルクトースは、グルコースに比べインスリンを出す量が少ないので、よってお腹いっぱい信号も弱まるわけです。結果、ついついたくさん食べてしまう、と。



現段階では、まだ小さな研究結果であり、フルクトースが肥満の原因と決定づけるとは言えません。しかし、肥満に対する1つの考え方ではあります。また、フルクトースは、その強い甘さとコストの低さから、非常に多くの食べ物飲み物に使用されています。つまり、あちこちに含まれているフルクトースに操られずに甘いものはほどほどにしなさいね、ということなのです。わかるけど、やっぱり難しいよね。



記事によると

研究から、フルクトースを摂取すると視床下部の動きを妨げる事がわかった
インスリンは摂取するとお腹一杯になる信号をだす役目があり、その反面、フルクトースはその信号がインスリンに比べて弱い
フルクトースは強い甘さとコストの低さから、多くの食べ物飲み物に使用されている


ということらしい
【ソース:オレ的ゲムーム速報@刃
関連記事
ブログパーツ
コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメント
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
検索フォーム
商品検索
サイト内検索
プロフィール


管理人:tomoki
ページランク
にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム分解・改造へ にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム情報へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽ダウンロードへ
Skype : tomoki122263
Twitter 本垢 :
Twitterブログ : iroiroblog
本垢と同じにしました。
My Twitter
Follow me
PSP改造
電動ガン・次世代ガン
動画
顔文字ボタン


トータルアクセスカウンター
ランキング
最新記事
PlayStation Vitaシステムソフトウェア
げん玉

■げん玉
下準備
げん玉とは?
ポイントの森
お友達紹介
ポイント交換方法
相互リンク
リンク